2017年10月11日

柿の栄養&効能と簡単!!柿酒レシピ

DSCN1108.JPG




柿の栄養


秋の味覚柿には、「柿が赤くなると医者が青くなる」と言うことわざがあるくらい、栄養がいっぱいあります。
柿をひとつ食べれば、一日の必要なビタミンCが補えるとか・・・。ビタミンCは活性酸素の抑制により、お肌のシミ、そばかすなどの予防や、しわ、たるみなどの美肌対策にも期待ができるといわれています。さらに、β−カロテンは、ビタミンCと同じく強い抗酸化作用を持つ成分で、ビタミンCと同時に摂取することで相乗作用が起こるため、肌荒れなどに効果抜群です。さらにさらに、食物繊維も多く含まれていますので柿を食べると便秘解消の効果もありますが、タンニンという成分が柿には入っており、腸の中で膜を作り、腸の働きを弱めてしまう作用があるので食べ過ぎると、逆に便秘になってしまうので食べ過ぎには注意してください


柿は二日酔いに効く!!

柿には先ほど紹介したタンニンという成分が多く含まれています。アルコールを摂取すると、肝臓が分解してアセトアルデヒドという物質を作り出します。さらにそのアセトアルデヒドは酢酸に代謝されるのですが、この代謝が追い付かずに血中のアセトアルデヒド濃度が高くなると起こるのが二日酔いです。渋みの素であるタンニンはこのアセトアルデヒドと結合して体外に排泄する働きがあります。

さらにそれだけでなく頭痛を和らげたり利尿を促す効果もあるので、二日酔い解消に柿は本当に効果があるようです。



『簡単柿酒レシピ』


材料
柿 1個
氷砂糖 10粒ほど(入れなくても大丈夫です。お好みで)
ホワイトリカー 200CC

保存用ビンを熱湯殺菌し、乾燥後材料を全て入れ、冷暗所で保存します。3か月位経った頃に中の柿を取り出して下さい。
3か月後から飲み頃になります。
効能は風邪予防、粘膜や皮膚の強化、高血圧予防、抗酸化作用、疲労回復などがあります。是非作り置きして下さい!!1507638831849.jpg


柿ギフトも販売中です。コチラDSCN1104.JPG
posted by ふじもと at 15:36| Comment(0) | 日記

2017年10月05日

梨の保存方法とおいしい食べ方&簡単レシピ!!

秋の味覚のひとつ梨!!

FSCN1094.JPG

梨の保存方法と簡単でおいしいレシピをご紹介致します。


梨の保存方法は?



まず第一に乾燥を防ぐことが肝心です。

ビニール袋かジップ付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。梨をそのまま野菜室に入れておくよりは、日持ちします。さらに、ヘタの部分を下にしておくと、長持ちします。冷蔵保存の賞味期限は、1週間程度です。

常温保存もできます。その場合は、新聞紙で包むか、ビニール袋に入れて
冷暗所で風通しの良いところに保存します。常温保存の賞味期限は、3~4日程度です。
食べる1時間〜2時間ほど前に冷蔵庫に入れると、美味しく食べれます。


カットした梨は、梨を切って放置し空気に触れますと、りんご同様、酸化され褐色します。
食塩水に浸していただければ、りんご同様酸化の進行は止まります。できるだけ空気に触れないようにラップをするか保存容器にいれて、冷蔵保存してください。こちらは早めにお召し上がり下さい。

冷凍保存もできます。冷凍した梨は解凍すると、梨がペチョっとしてしまい、本来のシャキッとした梨の食感はなくなってしまいます。 そこでオススメの冷凍保存方法は 、梨を食べやすい大きさに切ります。
こちらをジップ付き袋などに入れて冷凍保存。

食べる時は、常温で10〜15分ほど置き、半解凍状態でシャーベット状になり、美味しく召し上がれます。ミキサーにかけてスムージにしても美味しいです。1ヶ月を目安に食べきって下さい。


梨の簡単レシピ

『レンジで簡単!梨のコンポート』

【材料】梨 1個
砂糖 大さじ3〜4
白ワイン 大さじ1
レモン汁 小さじ2

FSCN1070.JPG
梨の皮をむきカットします。

DSCN1072.JPG

カットした梨と材料全てをお皿にいれそのまま、600Wレンジで5分加熱します。硬い場合は30秒ずつ様子を見ながら加熱してください。FSCN1082.JPG

冷蔵庫で冷やして召し上がっていただくと美味しいです。
出来上がったコンポートを小さくスライスして、冷凍のパイシートで包み180℃のオーブンで20分ほど焼いていただくと梨のパイになります。こちらもおすすめです。DSCN1087.JPG

『簡単梨の焼肉だれ』

【材料】梨 1/2個
青ねぎ 1本(お好きな量で) 
しょうゆ 大さじ2
塩コショウ 少々
にんにくチューブ 2p位

DSCN1084.JPG
材料を全部お皿に入れて混ぜます。そのままお肉を漬け込んで焼いていただくか、レンジで加熱するとつけダレにもなります。

ぜひお試しください。


梨ギフトはコチラ
posted by ふじもと at 16:29| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

100均グッズとフルーツでハロウィン飾りを気軽に楽しもう!!

ハロウィンって?
ハロウィンはヨーロッパに住むケルト人が行っていた、秋の収穫を祝って悪魔を追い払うための宗教的な行事で、この行事が移民とともにアメリカへ渡ったみたいです。子どもたちにとっては怖い行事だったようで、子供でも楽しむことができるように、変わっていったみたいです。
日本で言うお盆と大晦日を一緒にお祝いするような風習が広まり、今では10月31日がハロウィンとされています。
楽しいお祭り?かと思っていましたが、始まりはちょっと違ったようですね。

ハロウィンでは有名なジャックオーランタンをはじめお化けを模した飾りつけで楽しみます。本物のカボチャを削るとなるとかなり大変なので、フルーツと100均グッズで手軽に出来ちゃう方法を教えちゃいます。(今回はダイソーで購入です。)

DSCN1062.JPG
DSCN1063.JPG
りんごと、バナナに包帯を巻いて100均で購入した目玉を付けました。
FSCN1059.JPG
DSCN0245.JPG
柿に100均購入のシールで顔をカットし貼り付けました。後は色紙で羽部分を作り完成です。
DSCN1060.JPGFSCN1056.JPG
DSCN1057.JPG
りんごに、シールを貼って可愛い顔が完成です。(こちらのシールは100均購入ではないです。アマゾンなどで『ハロウィンシール顔』等で検索してみて下さい。)お子様と一緒にできる簡単なものばかりです。ぜひハロウィンを楽しんで下さい。
FSCN1068.JPG
ご自宅用にシールをお付けしてお届けいたします。
コチラ
posted by ふじもと at 18:13| Comment(0) | 日記